カテゴリー
ショッピングカートを見る
おすすめ商品
売れ筋商品
商品検索
メールマガジン
ショップ紹介

NPO法人メダカのがっこう理事長 中村陽子
いのちいっぱいの田んぼを日本じゅうに広げるために、あなたにもぜひ応援していただきたいです!よろしくお願いします〜
フリーページ
rss atom
ホーム イベント・セミナーに参加する
2月2日(土)〜3日(日) 第8回 田の草フォーラム
2019年2月2日〜3日に、第8回「田の草フォーラム」を開催します。

「田の草フォーラム」とは
除草剤などの農薬や化学肥料を使わず、環境を取り戻す田んぼを作っている農家が悩む最大の問題である、
「田の草をどうしたら稲を作っている時期に抑えられるか」、「田の草はどういう働きをしているのか」、
「どうやって付き合ったらいいか」


を全国で田の草を上手に制御している実践農家の方々に発表していただく場です。

また、コメンテーターとして、民間稲作研究所の稲葉光圀氏、自然農法センターの岩石真嗣研究員に、
考察・分析いただき、技術を普遍化する努力をします。


日時:2018年2月2日〜3日
場所:国立オリンピック記念青少年総合センター センター棟311
   (151-0052 東京都渋谷区代々木神園町3-1 TEL:03-3469-2525)

当日スケジュール:

1日目(2月2日)
 
13:00 受付開始
13:30 開会あいさつ    司会進行 根本伸一・中村陽子

第1部[田の草対応・実践農家からの報告]
13:35 実践農家からの報告(現在6名の発表者を予定)

●稲の元氣が一番! 3回代かきで草に困らない米作り&最終分けつ理論の解説 五十畑匠(栃木県藤岡市)
●いすみ市の有機米給食を実現させた有機稲作技術 矢澤喜久雄(千葉県いすみ市)
●さまざまな手法で土と稲の力を引き出して大規模家族農業 山本文則(茨城県川内町)
●一生懸命カルチ除草してます! 林良宏(新潟県佐渡市)
●誰でもできる自然栽培−みんなが田んぼの達人に 宮尾浩史(新潟県新潟市)
●大地の高級を取り戻せば作物は元気いっぱい育つ〜大地の再生施工例の紹介〜 酒井賢治(滋賀県信楽の里)
18:00 質疑応答
19:00〜21:00 参加者夕食と交流会

2日目(2月3日)

第2部[講師による研修と発表者全員によるパネルディスカッション]

8:30〜
・自然農法国際研究開発センター理事長 岩石真嗣 自然と戦わない田の草防除〜世界からWARをなくす農法〜
・NPO法人民間稲作研究所理事長 稲葉光圀 生物多様性をはぐくむ有機農業の到達点と抑草技術
・種子法廃止と種苗法の自家採種原則禁止についての解説
・参加者全員によるパネルディスカッション

   
参加費:宿泊される方:12,000円(1、2日目の参加費、資料代、会場費、夕食代、交流会費、朝食代、宿泊費を含む ※宿泊するお部屋は全て個室になります)
    1日目の参加費:7,300円(資料代を含む)
    2日目の講演会の参加費:お米くらぶ・メダカのがっこう会員:1,500円 一般 2,000円   
    
    ※宿泊無しで、両日ともに参加される方は一般:9300円、会員:8800円となります。1日目の参加費、二日目の参加の双方をカートに入れて下さい。
    
    宿泊をされる方は宿泊名簿に必要なため、備考欄に宿泊者全員の年令を御記載下さい(お部屋は全て個室になります)

講師陣プロフィール

●稲葉光圀  NPO法人民間稲作研究所理事長 

成苗二本植。二回代かきによる草対策の指導者。健康な苗づくりで草にも病害虫にも負けない稲作りを提唱。
米、大豆、小麦、油(菜種、向日葵)など、基本食糧の自給率を上げる日本の農業の形を提案。
第1回田の草フォーラムからの協力共催者


●岩石真嗣(公財)自然農法国際研究開発センター

自然農法センターでは毎年稲作の交流研究会を開き、技術の向上を図っているが、その中でも稲作期間中に、稲のやる気を出し、草のやる気をなくす田んぼづくりの研究の第一人者である。ブルースリーに似ているカッコよさと優しい笑顔が魅力的。第1回田の草フォーラムからの協力共催者。



田の草フォーラムの目的

・環境を取り戻す稲作を長年研究、実践している達人たちの田の草技術の発掘、紹介。
・その技術を研究者、指導者による考察・分析で、少しでも普遍化したものにする。
・気象条件の地域差、毎年の天候不順、土壌の違い、水の違いなどを乗り越えて、諸条件に影響を
 受けにくい丈夫な稲作りの技術を共有し、毎年何とか大差なくクリアーできる農家を増やす。
・全国で自然再生を目指してがんばっている農家たちの情報交換と交流。


以上の目的を持った会となります。

有機栽培を行っている農家さん、これから行いたいと考えている農家さん
また、そういった農家さんからお米を買っている消費者の皆さまも含めて、
皆で「田の草」について考えていきましょう。




2月2日(土)〜3日(日) 第8回 田の草フォーラム
定価 12,000円(税889円)
販売価格

12,000円(税889円)

購入数
  
宿泊される方(1、2日目の参加費含む)
1日目の参加費(宿泊されない方)
2日目の参加費 お米クラブ・メダカのがっこう会員
2日目の参加費 一般


*** 価格表示について ***

消費税が自動計算されることにより、設定金額とカートでの金額に差額が生じてしまうことがございますが、そのままご注文手続きを完了してください。
ご注文後、メダカのがっこう事務局より正しい金額をメール等でお知らせいたします。